戦乙女ヴァルキリー2 第一話「堕天の女神達」 戦乙女ヴァルキリー2 第一話「堕天の女神達」

本編ダイジェスト

  • レーベル:ルネピクチャーズ
  • 発売日:2021/5/31
  • アニメ
  • 「気高き心と裸体…やがて汚れ、堕ちていく…」数々の「調教」…執拗に続く「陵辱」…やがて「羞恥心」を「快楽」が上回り、いつしか芽生える「嫉妬」…精液の海に犯されていく女神達。子種をねだりし聖なる乙女達がアナタの肉棒を昇天させます。女神だからといって遠慮は無用!突いて突いて、突きまくれ!!アナタの優れたDNAを女神のオマンコにぶち込んでください!!「私達は戦乙女である前に一人の女なのですから…」魔王軍に囚われた蒼穹の戦乙女・レイアは、暗黒騎士団長・デュークの手で、公開処刑されようとしていた。陵辱の限りをされるレイア。処刑が行われようかという時、空を割って巨大ンな光が現れる。大神オーディンより預かる神槍グンニグルの力で魔王軍を蹴散らすアリーヤ。だが、救出されたレイアは、戦乙女の力の源である白銀の指輪をアリーヤから奪ってしまう。魔王軍に囚われてしまったアリーヤは、股間に特製の「貞操帯」を装着させられる。この股間にはバイブレーターが装着されており、デュークが性的に興奮したり、アリーヤやレイアが卑猥な言葉を口にすると震えだす仕掛けなのだ。レイアはアリーヤの目の前で、デュークの肉棒へのご奉仕を命じられる。つい先刻まで処女だったアリーヤは、デュークと魔王軍によって、激しい責めを受ける。お口やおっぱい、その黒髪まで使っての肉棒への奉仕。母乳が出易くなる薬「アウズンブラの角」を使っての授乳プレイ。アソコはもちろん、お尻の穴まで汚されて精液でドロドロにされる。戦乙女アリーヤへの陵辱の日々はまだ始まったばかりだった…。 ※特典映像は収録されておりません

    先行配信

    DUGA割

    レビューでキャッシュバック

    関連タイトル